バイクパーク予約サイト

利用規約

ウェブサイト利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は,パラカ株式会社(以下「当社」といいます。)がこのサービスサイト上で提供するサービス(バイク駐車場の検索及び予約等のサービスを含むがこれらに限られない。以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
第2条(利用者登録)
登録希望者が当社の定める方法によって利用者登録を申請し,当社がこれを承認することによって,利用者登録が完了するものとします。
当社は,利用者登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用者登録の申請を承認しないこと、あるいは、一旦承認した後であっても、いつでも、利用者登録を抹消することがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
  1. (1)利用者登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
  2. (2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
  3. (3)その他,当社が利用者登録を相当でないと判断した場合
第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
利用者は,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。
利用者は,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなし、本規約が適用されます。
第4条(駐車場の利用予約)
利用者登録が完了したユーザーは、本サービスサイトに掲載された各駐車場(以下「予約式駐車場」といいます。)の利用を希望する場合、本サービスサイトより、氏名又は法人名称、クレジットカード番号、電話番号、駐車場名、駐車場利用時間、車両情報(ナンバー・車種・色等)、有効なメールアドレス、その他必要事項の確認、記入をしたうえで予約の申し込みを行うものとし、予約完了通知が本サービスサイトよりユーザーに発信された時点で、当社との間で、駐車場に関する予約契約が成立するものとします(以下「駐車場利用予約」といいます。)。
第5条(利用料金および支払方法)
ユーザーは,本サービス利用の対価として,当社が別途定め,本サービスサイトに表示する利用料金を,クレジットカードにて支払うものとします。
尚、決済についてはSMBCファイナンスサービス株式会社のシステムを使用しており、当社ではクレジットカードの情報は保持しません。
第6条(駐車場予約方法)
(1)予約式駐車場の利用時間は、予約時に登録した駐車場利用時間に限るものとし、利用時間の延長を希望する場合には、延長時間分について改めて予約のうえ利用するものとします。但し、予約式駐車場の利用状況によっては、延長時間分の予約が取れない場合があることにつき、ユーザーはあらかじめ承諾するものとします。なお、予約時に登録した利用時間を短縮する場合であっても、駐車場利用料金は、予約時に登録した利用時間分とします。
(2)予約可能時間は、下記の二通りとします。
  1. 【通常予約】最短1時間から最長48時間以内の利用にかかる予約です。
  2. 【30日予約】連続した30日間の利用にかかる予約です。
(3)予約時に登録した利用時間内であれば、入出庫は原則として自由に行うことができます。ただし、駐車場の利用形態が時間貸である場合など、駐車場ごとに別途定めのある場合はこの限りではありません。
(4)ユーザーは、本サービスサイト又は第4条所定の予約完了通知に表示された駐車スペース内にのみ駐車することができるものとします。
(5)ユーザーが、駐車場利用予約をキャンセル又は変更する場合、予約された利用開始日時の24時間前までに本サービスサイトよりキャンセル又は変更手続を行うものとします。ただし、30日予約の場合は、本サービスサイトよりキャンセル又は変更手続きはできませんので、直接電話にてお問い合わせをお願い致します。
(6)ユーザーが、予約式駐車場利用開始日時の24時間前までに駐車場利用予約のキャンセル手続を完了した場合は、キャンセル料は発生しません。但し、予約式駐車場利用開始日時の24時間前以降にキャンセル手続を行った場合は、駐車場利用予約に係る駐車場利用料金の全額、及び本サービス利用料を負担するものとします。
(7)上記に関わらず、当社はいつでも、駐車場利用予約をキャンセルできるものとします。その場合には、当社がキャンセルした利用期間に対応するユーザー支払済金額がある場合には、その金額を上限として、返金いたします。
第7条(駐車場利用規約)
駐車場の利用に関してユーザーが負う義務の内容は、本契約書に定めるものの他、別途定める駐車場利用規約及び場内掲示物によるものとします。義務の内容が矛盾した場合には、駐車場利用規約及び場内掲示物に記載された内容が優先されるものとします。
第8条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
  1. (1)法令または公序良俗に違反する行為
  2. (2)犯罪行為に関連する行為
  3. (3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
  4. (4)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  5. (5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  6. (6)他のユーザーに成りすます行為
  7. (7)当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  8. (8)その他,当社が不適切と判断する行為
第9条(本サービスの提供の停止等)
当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
  1. (1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
  2. (2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
  3. (3)コンピュータまたは通信回線等が事故や不可抗力により停止した場合
  4. (4)その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの全部または一部の提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
第10条(利用制限および登録抹消)
当社は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部または一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
  1. (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
  2. (2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. (3)その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。
第11条(免責事項)
当社の債務不履行責任は,当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
当社は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,ユーザーの支払済金額の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。
第12条(サービス内容の変更等)
当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
第13条(利用規約の変更)
当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなく いつでも本規約を変更することができるものとします。変更後の規約の内容は、本サービスサイト上で確認できるものとします。ユーザーは、常に、本サービスサイトで最新の規約内容を確認の上、利用しなければなりません。
第14条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。
第15条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。
2. 当社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務ならびに登録ユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録ユーザーは、かかる譲渡につき本項にてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
第16条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,東京地方裁判所ないし東京簡易裁判所を第一審における専属的合意管轄とします。

以上

予約式バイク駐車場利用規約

(通則)
第1条
本駐車場(以下「駐車場」といいます)の利用に関する事項は、この規約によるものとします。
(規約の適用範囲)
第2条
本規約は、駐車場内に車両を駐車する人、その他駐車場の利用方法の如何を問わず、駐車場を利用する全ての人(以下「利用者」といいます)に適用されます。
2
駐車場は公衆に広く通行を許諾した通路ではありません。従って、駐車場に車両を駐車することなく、単に駐車場を通行する人(以下「通行者」といいます)も、この規約を遵守する義務を負う利用者となります。
(駐車スペースの提供)
第3条
駐車場は、時間を区切って駐車するためのスペースを有償で提供することを目的とするものであり、車両をお預かりするものではなく、駐車場運営者は、車両を保管・管理する義務を負いません。また、駐車場は無人にて運営していますので、トラブルが発生することがあります。そのため、利用者は自己責任において安全確認をする義務を負います。尚、本駐車場の駐車スペースは車室枠線より内側の部分に限ります。
(契約の成立)
第4条
利用者と駐車場運営者との間では、駐車場一時利用契約が成立し、その内容は本規約のとおりとします。なお第6条第2項所定の駐車をした人、第10条第1項所定の車両を駐車した人(以下、総称して「正規外駐車人」といいます。)についても、駐車場一時利用契約は成立します。但し、正規外駐車人には、違約金が加算され、また、第7条第1項の駐車料金についてもサービス料金の適用は致しません。
2
駐車場一時利用契約は、以下の時点で成立するものとします。
予約開始時間以降に利用者が車両を駐車場内に進入させた時。但し、利用予約をしていない場合や、予約時間外は、利用者が車両を駐車場内に駐車し、車両から離れた時、若しくは車両を停車させてから3分が経過した時。
(規約の遵守)
第5条
利用者は、自らこの規約を遵守するほか、同乗者にもこの規約を遵守させる義務を負います。
(駐車方法)
第6条
利用者は、駐車場に備え付けの駐車場利用規約・ご利用方法及び場内掲示に記載された内容に従い、駐車場を利用しなければなりません。
2
以下の方法の駐車は正規外駐車となり、次条に定める通常の駐車料金に加え、第8条の違約金を支払わなければなりません。
  1. (1)ご利用方法及び場内掲示に記載された内容に従わない利用をした場合。
  2. (2)下記の行為をした場合。
    1. ①車室枠線(車室ライン)をまたがる駐車。
    2. ②予約車室以外への駐車。
    3. ③予約時間外に駐車した場合。
    4. ④予約せずに駐車した場合。
(通常の駐車料金)
第7条
利用者は、駐車場の予約専用ページに表示された料金体系に基づき、駐車時間に応じた駐車料金を支払うものとします。
2
利用者は、第12条の規定に基づき、車両がレッカー移動その他の処置を講じられた場合には、次条の違約金を支払わなければなりません(最大料金・サービス料金は適用外)。
3
利用者は、予約専用ページに記載された精算行為を行うものとします。
(違約金)
第8条
第6条第2項所定の駐車がなされた場合、第10条第1項所定の車両の駐車がなされた場合、第11条第1項に違反して予約時間を超える駐車がなされた場合(全ての場合を含めて以下「不正駐車時」といいます。)、利用者は、前条第1項の通常の駐車料金に加え(最大料金・サービス料金は適用外)、違約金として1日あたり5万円(2日目以降は2万円)を駐車場運営者に支払わなければなりません。なお、違約金を超える損害が生じた場合、利用者は、その費用も別途支払わなければなりません。
2
前項の違約金は以下の時点で直ちに発生するものとします。
  1. (1)第6条第1項の内容を遵守しない時点。
  2. (2)第6条第2項の駐車がなされた場合は第6条第2項所定の行為がなされた時点。
  3. (3)第10条第1項所定の車両の駐車がなされた場合は当該車両の駐車がなされた時点。
(駐車契約期間)
第9条
駐車契約期間は、第4条第2項の駐車場契約成立時から、退場時までの期間とします。ただし、レッカー移動その他の処置がなされた場合には、最終的に車両の引き渡しがなされるまでの期間とします。
(危険車両等)
第10条
駐車場運営者は下記の車両の駐車を拒否し、又、退去を要求することができるものとします。利用者はこれに直ちに応じなければなりません。
  1. (1)長さ1.8m、幅0.9m、を超える車両。
  2. (2)改造した車両で、その改造部分ないし装着したパーツ等が場内設置物と接触する等により、破損の恐れのある車両。
  3. (3)自動車登録ファイルに登録されていない車両、有効な自動車検査証の交付を受けていない車両、その他法令により道路を運行することが禁止されている車両。
  4. (4)自動車登録番号に覆いがされ、または取り外されている車両等。
  5. (5)自動車登録事項の変更、所有者の変更があったにもかかわらず、変更登録・移転登録を行っていない車両。
  6. (6)臨時に運行を許可されたにすぎない車両(臨時運行許可車両)。
  7. (7)危険物、爆発物、有害汚染物質、その他安全若しくは衛生を害するおそれのある物又は悪臭発生若しくは液汁漏出の原因となる物品を搭載している車両。
  8. (8)自動車・小型特殊自動車・サイドカー・三輪車・バギー・トライク・自転車等。
  9. (9)特殊自動車・工事車両・被牽引車両その他自走できない車。
  10. (10)駐車場運営者が指定した車両。
  11. (11)その他駐車場の管理上、支障があると駐車場運営者が判断する車両。
  12. (12)駐車場運営者が許可していない車両。
2
上記の規定については、車両の付属装着物又は、積載物等を含めて判断するものとします。
3
第1項所定の車両を駐車させた場合、第7条第1項の駐車料金に加え、第8条の違約金を支払わなければなりません。
(駐車時間の制限)
第11条
駐車場利用は、第4条第2項の駐車場契約成立時から予約ページにて確定した終了時間までとします。但し、予約延長をした場合は延長終了時間までとします。また、1回の予約可能時間は最長30日以内に限るものとします。
2
駐車場の利用者は、やむを得ない事情により、予約した時間を延長する場合は、駐車場運営者が指定する方法で延長契約をしなければなりません。
3
駐車場の利用者は、前項の手続きにより延長契約をした場合を除き、予約した時間を超えた駐車をしたときは、第7条第1項の駐車料金に加え、第8条の違約金を支払わなければなりません。
(留置権)
第12条
駐車場運営者は、次の各場合に、第7条第1項の通常の駐車料金、第8条に定める違約金を保全する為、車両の出庫または車両の移動を拒否し、かつその為に必要な処置(タイヤロック、レッカー移動等)を講じることができるものとします。
  1. (1)第6条第1項の内容を遵守しない場合。
  2. (2)第6条第2項の正規外駐車がなされた場合。
  3. (3)第10条第1項の車両が駐車された場合。
  4. (4)第11条第1項に規定する継続利用可能時間を超えたとき。
  5. (5)過去に所定の駐車料金を支払わず出庫した車両を駐車した場合。
2
駐車場運営者は、前項の場合において、利用者又は車両の所有者等を確認するために必要な限度において、保管スペースの開錠等、必要な措置を講じることができるものとします。
(処分等)
第13条
第12条において、必要な処置をされた場合において、利用者が車両の引き取りを拒み、若しくは引き取ることができないとき、または駐車場運営者の過失なくして利用者を確知することができないときは、駐車場運営者は、車両の所有者等に対して、通知または駐車場における掲示の方法により、駐車場運営者が指定する日までに車両を引取ることを書面にて請求することができるものとします。
2
前項の請求を行った場合において、駐車場運営者が指定する日までに車両の所有者等による車両の引き取りがなされないときは、駐車場運営者は、所有者に対して通知し、又は駐車場において掲示して予告した上で、車両の売却、廃棄等、任意に車両を処分することができるものとします。この場合、駐車場運営者は、利用者及び車両の所有者等が、当該車両に関し、一切の権利を放棄したものとみなし、利用者及び車両の所有者等は、駐車場運営者に対して、車両の引渡し請求その他各自の如何を問わず何らの異議を申し立てができないものとします。なお、駐車場運営者は、当該処分に当たり、車両及び車載身の回り品について生じた損害について、賠償の責を一切負いません。
3
駐車場運営者は、前項の規程により、車両を処分した場合は、所有者が判明している場合に限りその旨を所有者等に対して通知し、又は駐車場において掲示するものとします。
4
第2項の規定により車両を処分した場合は、処分によって生じる収入から、駐車料金並びに車両の保管、移動及び処分のために要した費用があればこれを控除し、なお不足があるときは所有権者等に対してその支払を請求し、残額があるときはこれを所有者等に返還するものとします。
(駐車場の出入と通行)
第14条
利用者は、駐車場の出入に関し次の事項を厳守しなければなりません。
  1. (1)駐車場で入出庫する場合は、周囲の安全を確認し、必ずエンジンを停止し、車両から降りること。
  2. (2)出庫する車両の通行を優先すること。
  3. (3)係員の指示がある場合、その指示に従うこと。
  4. (4)トラブルが発生した場合は、緊急連絡先へ連絡をすること。
(遵守事項)
第15条
前条に掲げるほか、利用者は駐車場において次の各事項を遵守しなければなりません。
  1. (1)予約したスペースを第3者へ転貸することを禁止します。
  2. (2)指定された駐車スペースに駐車し、それ以外の場所に駐車しないこと。
  3. (3)駐車場内での喫煙、及び火気の使用は厳禁とします。
  4. (4)駐車時は必ずエンジンを停止し、車両から離れる際は施錠すること。
  5. (5)駐車中の車両に乳幼児を独居させないこと。
  6. (6)駐車中の車両に動物を放置しないこと。
  7. (7)大音響でのカーステレオ、夜間の大きな話し声等、近隣の迷惑になる行為を禁止します。
  8. (8)駐車場内を清潔になるように努め、ビン、缶及び紙屑、ぼろ切れ、吸い殻、雑誌等、ごみの投棄を禁止します。また、その他物の放置や遺留も禁止し、発見した場合は撤去処分します。
  9. (9)駐車場内での車両の駐車以外の行為(営業・宣伝・募金・作業・工事・署名活動等)を禁止します。
  10. (10)飲酒、宿泊、賭け事、洗車その他他人の迷惑となるような行為を禁止します。
(駐車場運営者の免責)
第16条
駐車場運営者は次の事項について、一切の責任を負わないものとします。
  1. (1)駐車場内における事故、利用者同士のトラブル。
  2. (2)車両の盗難、滅失、損傷。
  3. (3)車両の積載物、車内外遺留品の損失、損害。
  4. (4)駐車場設備、機器、ポール類、ステップ、グレーチング等の蓋類、路面の凹凸等への接触による損失、 損害。
  5. (5)他の車両により入出庫を妨げられたことによる損害。
  6. (6)地震・落雷・火災・水害・降雪・天変地異等の不可抗力による損害。
  7. (7)駐車場の利用方法、利用規約に違反した利用による損害。
  8. (8)トラブル処理に際し、諸事情によりお待ち頂く時間・機会損失等の賠償。
  9. (9)幼児、児童の駐車場内での遊戯等による事故。
  10. (10)安全確認を怠ったことによる損害。
  11. (11)不正車両による占拠等による損害。
  12. (12)本サービスの運営に供されるシステムの故障又は不具合、その他の事由によって発生する損害。
(損害賠償)
第17条
利用者又は通行者の行為によって、駐車場運営者が駐車場の全部、又は一部を休業しなければならない場合、その他駐車場運営者に損害が生じた場合は、利用者又は通行者はそれにより喪失した売上その他一切の損害を賠償しなければなりません。
(他の利用者に対する損害賠償)
第18条
利用者又は通行者が、駐車場施設、駐車場に隣接する建物等ならびに駐車中の他の車両や駐車場利用者等に損害を与えたときは、駐車場運営者は一切責任を負わず、かつ紛争解決の為の斡旋も行いません。上記事態が発生した場合には、当該加害者は、自ら適切な方法で被害者と連絡を取り、当事者間で解決するものとします。
(警告書)
第19条
駐車場運営者は、車両に警告書等の文章を任意の方法で貼り付けることができるものとします。
(駐車場内の撮影等)
第20条
駐車場運営者は、駐車場内の安全確保の為、ビデオ・カメラ等により駐車場内及びその周辺を撮影することができます。
2
前項により撮影した内容については、駐車場運営者は原則として第三者に対し開示しません。但し、駐車場運営者は不正駐車の取り締り等の目的のため、任意にこれを使用し、又は防犯・捜査等のため当局に提出することができるものとし、利用者はこれを承諾するものとします。
(料金の変更)
第21条
駐車場運営者は予告なく駐車料金の変更をすることができます。
(駐車場運営者の指示)
第22条
上記に掲げるほか、利用者及び通行者は、全て駐車場運営者の指示に従って下さい。

以上